1. TOP
  2. person
  3. 仙台・福島

就職活動をスタートしたときは、自分の進路について、どの業界に進みたいか決まっていませんでした。ただ、学生時代に続けたソフトボール部で、多くの人に支えられて成長した経験があったので、人とのつながりを大切にできる仕事に就きたいという思いがありました。当社の会社説明会に参加したときに、生命保険は形のない商品だからこそ、ご案内する側の人間力が問われると聞き、この仕事であればお客さまとのつながりを大切にしながら、仕事を通じて成長していくことができると確信し、入社を決めました。

また、総合営業職はチーム制の営業スタイルをとっており、一つの目標に対し仲間と共に協力し、互いを高め合いながら前進していけることにも魅力を感じました。初めてオフィス見学をしたときに、実際に働いている先輩たちの様子を見せていただいたのですが、どの先輩も笑顔でいきいきと働かれており、学生からのどんな質問にも丁寧な対応をしてくださった姿が印象的でした。仕事に対しての目標が明確で芯が通っていることにも共感でき、この人たちと一緒に働いて成長していきたいと感じたことを覚えています。

新人のころ、様々なお客さまに保険をご提案させていただく中で、自分の説明がうまく伝わらないことがありました。ある日、マネジャーのロールプレイングを見たときに、同じ商品をとてもわかりやすく説明されていて驚きました。一体自分と何が違うのだろうと思い、マネジャーに相談したところ、じっくりと商品を比較し研究することをすすめられました。また併せて図を書いて自分の頭の中を整理する方法を教えていただきました。そこで、何度も自分の説明を図に書き、分かりやすく説明できているかを比較しながら、チーム内でロールプレイングを行いました。実際にお客さまにご説明するときは、商品の特徴に加え、ライフスタイルによって一人ひとり準備すべき保障が異なることをお伝えして、具体的にイメージができるよう工夫しました。提案内容を自分の中で整理するようになってから、次のステップまでお話を進めることができるようになり、お客さまからも分かりやすくなったとお褒めいただくようになりました。だんだんとご契約にもつながるようになり、自分の営業スタイルを確立、成長できたことに喜びを感じています。

保険商品は、お客さまの人生設計に携わることができ、末永くお付き合いができる商品です。しかし、新人のころは頭ではわかっていても、具体的に実感できずにいました。2年目になり、お客さまとご縁が広がっていくなかで、様々なケースを担当させていただく機会が増えてきました。結婚を機に保険商品にご加入いただき、その後お子さまが生まれ保障内容を見直していただいたお客さまや、お孫さまをご紹介いただき医療保険のご説明をさせていただくケース、奥さまのがん保険を担当させていただいたこともありました。その度に、お客さまとの信頼関係から広がるつながりを実感することができました。あるお客さまから、「古川さんはいつも来てくれるから安心。いつでも聞ける」と言っていただきました。お忙しい時間に訪問することに躊躇した時期もあったのですが、自分の仕事を見ていてくださったことに感謝すると同時に、本当にうれしく励みになりました。これからも前向きな気持ちを忘れず、お客さまから信頼をいただけるご提案ができるよう努めていきたいと思います。

one day schedule ある日のスケジュール

Pick up!

チームリーダーとして
メンバーの予定をチェック

朝礼後は、毎日チームミーティングを行います。まずはチームリーダーの私が、チームの業績を全体に報告。その後はメンバーからスケジュールや抱えている案件について報告を受けます。メンバー一人ひとりの顔を見て、しっかりと話すことを心掛けています。

Pick up!

お客さまのことを考えながら
資料を準備

お昼の営業活動に向けて、当日配布するかわら版や資料をまとめます。アポイントが入っている場合は、お会いするお客さまの顔を思い浮かべながら、どんなお話をしようか、どんな保険をご案内すれば喜んでくださるかを考えながら、資料をセット。

Pick up!

オフィスに戻って
同期や後輩と意見交換

お昼は、たいていオフィスに戻って食べます。同期や後輩と、お昼の活動であった出来事を報告し合って意見交換。いいことも、少し失敗したなと思うこともすぐに分かち合います。一人で考え過ぎない、悩まないが私のモットー。チームもそんな雰囲気を大事にしています。