1. TOP
  2. person
  3. 大阪・京都・神戸

父親や兄の影響もあり、仕事をするなら、厳しくて大変なことも含め一生懸命頑張りたいと思い、営業の仕事に興味を持ちました。金融、メーカー、コンサル・・・色々な会社を見てきた中で、当社の会社説明会に参加し、そこで初めて、保険は自分や家族を守る大切なものだと感じました。私にとって仕事を選ぶ上で何よりも大切なのは、お給料や待遇よりも、仕事を通して誰かのお役に立つこと。だから、保険を通じてお客さまに安心をお届けするこの仕事は、やりがいがあるのではないかと思いました。

第一生命は経営理念に「お客さま第一主義」を掲げていて、お客さまのことを一番考えている会社。いい会社だと感じました。実際に面接で会った方やオフィス見学で出会った先輩の方々は、温かく、親切で、しかも皆さん輝いて見えました。入社前から上司や先輩方が私の質問に対して丁寧に教えてくださったり、毎日こつこつと頑張れば何も心配いらないという言葉をかけてくださったりするなかで、これから入社して仕事をするのがとても楽しみに感じるようになったのを覚えています。

現在の担当企業は銀行で、毎日お昼に訪問し、社員食堂で営業活動をしています。私は営業活動でお客さまにお渡しするための、手書きの新聞を作るのを日課としています。お客さまの中にはそれを楽しみにしてくださる方もいらっしゃいますし、その新聞がご契約をいただくきっかけになったこともたくさんあります。今では、手書き新聞は私の仕事の中でもお客さまとの接点を持つきっかけ作りとして重要なものになっています。

毎日訪問していても、たまにしかお目にかからないお客さまもいらっしゃいます。ある時、久しぶりにお見かけした方がマスクをされていて、「調子が悪い」とおっしゃっていたので心配していたら、次にお会いしたときには、「入院が必要になった」とお知らせくださいました。実はその方はその2ヶ月ほど前に、ご契約を頂いたばかりでした。「本当に白川さんに任せてよかった。良い保険を提案してくれてありがとう」。お見舞いに伺った私にお客さまがかけてくださった言葉に、改めてこの仕事の使命感を強く感じました。誰もが自分に限っては何も起きないと思いがちですが、この経験を通じて、保険を準備することの大切さを改めて実感し、コンサルティングのプロとしてこれからも自信をもって提案していこうと思うようになりました。

営業をやっていれば、誰もが必ずぶつかる壁があります。いくら頑張っても成績がでず、何をやってもうまくいかない、そんな壁を何度か経験しました。営業中は何とか笑顔でいるものの、帰り道は落ち込んで暗い顔で帰ってくる。どうやってもうまくいかない。なぜうまくいかないのか、どうやったらうまくいくか、自分を分析し、考え、何度でもやってみる。それを繰り返しながら、結局は基本に忠実に、こつこつと基本的なことを確実にやっていると、必ず壁は乗り越えられるということが、経験を積み重ねることでわかってきました。つまずくことがあっても、一旦立ち止まって基本に戻る、これが私の営業スタイル。今では、乗り越え方がわかっているので、壁に直面すると人一倍ヤル気がでます。私の強みは、保険の大切さを誰よりも強く感じていること、そしてお客さまのことを心から大切に思っていること。その熱い思いは誰にも負けません。だから、お客さま一人ひとりにとって必要な保険を提案していくだけでなく、保険以外のことでも、お客さまのお役に立てるよう、お客さまが必要としていることが何かにいつも耳を澄ませ、お客さまのことを一番に考えていきたいと思います。

one day schedule ある日のスケジュール

Pick up!

朝礼は大切な情報共有の場。
ここから1日がはじまります

朝礼は、私たちにとって大切な情報共有の場です。前日までの成果報告、研修や体験談などを通して、オフィス全体で目標や好事例を共有。それぞれの経験を、次に活かします。その後、朝礼の内容をもとにチームミーティングを行います。私はチームリーダーなので、一層気持ちがひきしまります。

Pick up!

大切な営業ツールは
毎日手書きで、想いを込めて

お昼の営業活動に持参する、手書きの新聞などを準備する時間。営業に出はじめてから日課になっているので、10分くらいで書き上げてしまいます。自分の誠意を込めて、白い紙を想いで埋めていきます。私にとって大切な営業ツール。これを担当企業の食堂で、1日200枚くらい配ります。

Pick up!

オフィスに戻ってランチ
夕方からまた頑張れます

ランチは基本的に、オフィスに戻ってきてから自席で食べることが多いです。ランチ中もつい仕事のことを考えてしまうので、どこかで外食するより、オフィスでメンバーと話しながら食べる方が頭も心もすっきり、リラックスできます。お腹を満たしたら、夕方からまた頑張ります!