1. TOP
  2. person
  3. 新潟

多くの方に“安心”を届けられる仕事内容に惹かれました

就職活動を始めた当初は金融業界に関心がなく、化粧品メーカーや航空会社を志望していました。第一生命を知ったのは、東京で参加したUターン志望者向けの合同説明会で声をかけられたのがきっかけです。お話を伺うなかで、生命保険が幅広い方々に“安心”を届けられるものである、という点に共感を覚えました。それまで生命保険についての知識はほとんどありませんでしたが、祖母が手術をした際、「給付金が出て助かった、生命保険に入っていて本当によかった」と話していたことを思い出し、にわかに身近なものとして感じられるように。国民のほとんどが加入している生命保険に携わり、多くの方のお役に立ってみたい。そして、安心を届けられる人になりたい、と思ったことが、入社の決め手となりました。

「いつも楽しみにしています」の言葉が私の原動力

現在、官公庁と大手電子部品製造会社の2社を担当し、生涯設計のご提案からアフターフォローまでを行っています。お昼の活動で、自己紹介や季節の話題、近況などを書いた「かわら版」をお配りし、まずは親しみを覚えていただくことが大切。最初は緊張から声が震え、眉間にしわが寄った“困り顔”で活動していました。ある日、お客さまから「よくその表情をしているよね」とご指摘を受けてからは、笑顔を心がけるようにしました。するとお声がけいただく回数が増え、今では時間内に十分お話ししきれないほど、多くの方と仲良くさせていただいています。「いつも楽しみにしています」の言葉は、私の活動の原動力。これからも喜んでいただける話題を提供して、コミュニケーションを深めていきたいです。

お客さまに満足していただくことが何より大切

仕事をするうえで大切にしているのは、どうすればお役に立てるのかを、お客さまの目線で考えてみること。あるとき、「たくさん保険に入っている」というお客さまの証券をすべて拝見し、内容をご説明したところ「自分ひとりではなかなか全部を把握できないから、すごく助かった」とおっしゃっていただきました。そのうえで、足りない部分を補う商品をご契約いただくことができ、「高橋さんが来てくれてよかった」と、大変ありがたいお言葉まで頂戴しました。営業の仕事は、つい“保険に入っていただく”ことばかりに目が向きがちですが、何よりもまず、お客さまが望み、喜んでくださるサービスをご提供することが大切なのだと実感させられました。そのほうが私自身もうれしく、やりがいにもつながると感じています。

one day schedule ある日のスケジュール

Pick up!

チームリーダーとして
メンバーをサポート

前日の成果報告や事務連絡のほか、研修や、困っていることの解決策を話し合うことも。

Pick up!

親しみを覚えていただくために
かわら版で、自己紹介や近況報告。

「かわら版」を配りながら、お客さまとお話しします。モットーは、「常に笑顔で」。

Pick up!

どうすれば喜んでもらえるか
お客さま目線で考える。

アポイントのお客さまへお渡しする資料を作成します。