1. TOP
  2. person
  3. 新潟

大学はIT関連の学部だったため、当初は金融業界への就職は想定していませんでした。第一生命との出会いは、大学構内で偶然、当社の補佐役の女性にお会いしたこと。明るく、はつらつとしていて、力強さも備え、「私もこんなふうに誰かを引き付ける力を身につけたい」と憧れの気持ちを抱きました。会社説明会に参加してみたところ、人と人との温かなコミュニケーションを介して仕事が行えることや、人を大切にする社風を知り、ますます魅力を感じました。面接では、企業側が聞きたいことを一方的に質問するのではなく、自然な会話を通して私のことを知ろうとしてくださるのが伝わり、人を大切にする社風を実感。金融業や営業職は難しそうという不安はありましたが、「この会社なら頑張れる」と、入社を決意しました。

新潟オフィスの一期生として、上司の全力の支えを受けながら、みんなで目標達成に向かう日々。新設組織ならではの結束力があり、仕事でつまずくことがあっても「みんなと一緒なら大丈夫」とすぐに前を向ける職場環境です。お客さまのお仕事を理解しようとニュースを調べたり、ご説明のために社会保障に関する知識を深めたりと、自主的に学び、視野が広がっていくことが楽しく感じています。お客さまから「よく勉強しているね」などとほめていただくと、もっと頑張ってお役に立ちたいと、さらに意欲がわいてきます。最初の頃は、いざご提案となると思うようにご説明できず、もどかしい思いもしましたが、アシスタントマネジャーに教えていただいたり、同期と試行錯誤しながら考えた話法を実践するうち、いつのまにか克服していました。スケジュール帳がアポイントで埋まっているのを見ると、少しは成長できたかな、とうれしくなります。

モットーは、とにかく笑顔を絶やさず、ポジティブでい続けること。営業に出始めた当初は、不安と緊張で「いま話しかけたら迷惑かな」と腰が引けていました。このままではいつまでたってもお話しできないと、ある日一念発起。勇気を出して満面の笑顔で活動したら、多くの方といつもより長くお話しできました。その体験から「自分自身を一番映すのはお客さま」と実感。常に、笑顔と元気を心がけるようになりました。お断りを受けた際も、意気消沈してそのままにしてしまうのではなく、理由を教えていただくようにします。以前、理由をおうかがいしたことが功を奏し、別の商品をご契約いただきました。「お断りは、お客さまの本当の気持ちをうかがうチャンス」と前向きに捉えています。頑張れば必ず評価してもらえる体制のなかで、専門知識を習得し、人間力も磨ける素晴らしい毎日です。

one day schedule ある日のスケジュール

Pick up!

一体感のある環境で、
前向きに仕事に取り組む

チームリーダーなので、メンバーが意欲を保って仕事に取り組めるよう注意を払っています。一期生なので、同期同士の支え合いは絶対必要。一体感とオンオフのけじめが両立できる環境づくりを意識しています。

Pick up!

担当企業のお昼休みに合わせて、
車で訪問

入社当初は、アポイントの際の情報提供や、ご提案のコツを掴むことに苦労しました。現在は「笑顔で、わかりやすく、丁寧に」を心がけ、お客さまお一人おひとりのライフスタイルに合わせたご提案・情報収集を行っています。

Pick up!

“急がば回れ”で、
じっくりコンサルティングを

アポイントでは毎回保険のご提案をするわけではなく、お客さまが現在ご加入されている保険の過不足をアドバイスすることもあるため、事前準備はしっかりと行います。お客さまお一人おひとりに合った情報をピックアップし、わかりやすく順序立てた内容にしていきます。